仮想通貨の取引で借金になってしまうことはあるの?〜リスク管理〜

仮想通貨投資は借金になることがあるの?

仮想通貨の取引をこれから始めようとしている方、心配になることは
「仮想通貨の取引を始めて、もし失敗したら借金になっちゃうんじゃないの?」ではないでしょうか?

そもそも〝投資〟という言葉の裏に「借金」のイメージがありますよね。僕も正直そう思っています。「FXや株式投資で100万円の借金をしてしまった」などのエピソードは知らず知らずのうちに投資は借金のリスクがあると認識している方が多いと感じます。

果たして仮想通貨投資も必ず「借金」のリスクはついてくるものなのでしょうか?もちろん投資で借金は負いたくありませんよね。

今回はその心配事について細かく仮想通貨のリスクについて解説したいと思います。

仮想通貨投資には2種類の取引方法がある

上の見出しの内容がが借金になるか、ならないかの境目になります。

基本的に借金にならない投資方法は現物取引と言い、
一方、借金になってしまう可能性がある投資方法は証拠金取引と言います。

それではこの2つの取引方法で何が異なるのか、どうして借金になるのか分けて解説します。

借金に必ずならない現物取引

現物取引とは簡単に「実際にコイン自体を売買すること」です。実際に売買と言われると理解しづらいかもしれませんが、要は普通の物を等価交換で売り買いすることです。

例えば、あるコインが1コイン15万円がレートだとしたら、15万円出せば1コイン購入できます。当たり前といえば当たり前ですね笑

その購入したコインは売り手から所有権が移るためどこかに送金したり、売ったりと自由に扱うことができます。逆に言えば、自分の持っている分の通貨しか取引することができません。そのため、現物取引だけをやっている限りでは借金になることは全くありません。

そして現物取引での損益の出し方は、売却した時の金額から購入した金額を引いたキッk学区が損益になります。例えば1コイン15万円で1コイン買ってその後1コインが20万円になったら売ることによって差額の5万円が利益になります。

借金になる可能性がある証拠金取引

証拠金取引とは、現物取引のような通貨自体の現物の取引ではありません。説明としては「証拠金をもとにして、自分の資金の何倍もの金額を取引をすること」です。俗に自分の資金に掛ける倍率のことをを「レバレッジ」と言います。これだけ聞いてもわけがわからないでしょう。

レバレッジ 図

Lightning FXより引用:レバレッジ取引のイメージ

下の図を見てみれば少しは理解できる助けになると思います。自分の資金は10万円分しかありませんが、150万円分の取引ができます。なぜできるかというと10万円分を担保にして万が一、損失を出してしまった時にその10万円で補填できるように預かって、投資者はレバレッジ取引ができるというわけです。

このシステムは、元金が少なくても大きい取引ができるため利益もそのレバレッジによって比例して大きくなるということです。とても魅力的な取引方法ですよね!

しかし逆に見れば損失も多いということです。画像の場合15倍なので利益も損失も等倍に比べて15倍になっているいうことです。つまり自分の資金を上回る損失を出してしまった時に損失-自分の資金が借金になってしまいます。この点がレバレッジを掛けた証拠金取引の怖いところです。

どちらの取引方法が稼げるの?

これは一概には言えないと思います。僕の場合借金になることを避けたいため現物取引をメインに行なっています。一見、レバレッジを掛けている証拠金取引の方が利益が多いのかと思われますが実は本質的にはそこまで差はないと思います。現物取引でも株と比較したら仮想通貨10倍、100倍もありえる話なので普通に億稼ぐことも可能です。

証拠金取引はやはり借金になってしまうリスクがあり、いわゆる損切りというリスクマネジメントができる人でなければ難しいかもしれません。。。取引スタイルは人ぞれぞれなので初めに少額でどちらも体験してみて判断するのが良いでしょう。

最後に

投資をする時は、「借金になるかならないか」というリスク管理はとても重要なものです。証拠金取引は借金になる可能性はありますが、無理のない範囲で取引をすれば大事にいたることはありません。

これはどこにも書いてあり、聞き飽きたかもしれませんが仮想通貨投資は余剰資金で行うのが適切です!しっかりとなくなってもいい額で運用するのが、一番良いと僕も思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA